対人賠償保険は自動車保険の中心となる重要な賠償

自動車保険に加入する際には、保険会社の方に言われるままの内容で加入したため、今加入している保険内容を自分で把握出来ていないという方も多いと思います。

自動車保険は、様々な保険が組み合わさって構成されているパッケージ商品のようなものですから、「難しくて、よく分からない」という方も多いでしょう。

では、自動車保険の中の補償のひとつである「対人賠償保険」とはどういった保険なのかについて紹介してみましょう。

対人賠償保険は、その名のとおり人に適用される保険となっており、自賠責保険同様に、誰かを傷つけてしまった場合に適用される保険となります。

ここで「自賠責保険との違いは何?」とか「自賠責保険に加入していれば十分では?という疑問を持つ方もいるでしょう。

例えば万が一、死亡させてしまった場合、補償額は1億円前後になることは珍しくありませんが、自賠責保険では3,000万円が上限となっているため、自動車保険に加入していなければこの賠償を行うために6千万円とか7千万円とかの費用が必要になります。

このような大金を普通の人が払えるでしょうか。

自賠責保険だけの人は、一度このようなこのような事故に逢うと、それだけで人生が破滅的なことになってしまいます。

最近では自転車による死亡事故でも9千万円の賠償の判決がでたという例もあります。

このように人身事故の賠償、中でも死亡事故の賠償は、自賠責保険の3千万円では全く足りないと考えるべきです。

こう考えると、自動車保険の対人賠償保険というのは自賠責とあわせて、車を運転する人には欠かすことの出来ない保険であるといっていいでしょう。

現実に対人賠償保険の限度額はほとんどの人が「無制限」にしており、このような多額の損害賠償に備えています。

対人賠償保険は、このように自動車保険の中でも中心となる最も重要な賠償だといっていいでしょう。

現在、外資系も含めて自動車保険の販売を行う保険会社は二十数社にもなりました。

契約の形態も付帯サービスの内容も各社によって多様になり、自動車保険の多様化、他社との差別化はますます進む傾向にあります。

何よりも保険料の多様化は著しく、車の保険の相場は昔のように「○○歳なら○万円くらい」などと簡単に推測できなくなってしまいました。

そんな中でも、この対人賠償保険は、最も重要な補償として各社の自動車保険においてしっかりと位置づけられています。

対人賠償を抜きにした保険など、もはや自動車保険とは言えない代物だといっていいでしょう。

このページの先頭へ