物に損害を与えてしまった時に賠償する保険が対物賠償保険

「自動車保険に加入しているけれど、この補償ってどういった時に適用されるのだろう?」と思うものがある方もいると思います。

普段、あまり自動車保険の内容などは詳しく確認しないでしょうから、分からない補償内容などがあってもめずらしいことではありません。

では、自動車保険のひとつ、対物賠償保険とはどういった保険となっているのか、ご紹介しましょう。

対物賠償保険は、名前の通り物の損害を補償する保険です。

車を運転していると、時には人の車にぶつけてしまうこともあるでしょうし、人の家などに車をぶつけてしまうこともあるでしょう。

当然、こういった時には相手方の車や家などの損害について修理が必要となります。

そんな時の損害が補償されるのが、対物賠償保険となっています。

しかし、対物賠償保険の対象となるのは、あくまでも他人のものを壊した時となっており、身内の損害に関しては適用となりません。

対物賠償保険は、300万円程度から無制限の設定が出来、それぞれの予算に合わせて補償内容を変えていくことが出来ます。

最低でも1,000万円はかけておくと安心出来るという方も居られるようですが、1,000万円ではとても不十分で、リスクが大きいと思います。

最近ではデフォルトで対物賠償保険の限度額を「無制限」にしている保険会社が多くなりましたが、これには理由があります。

例えば踏切事故で列車の運行を止めてしまったら、その損害額は膨大なものとなりますし、5,000万円以上もするリムジンバスなどに大きな損害を与えてしまったら、とても1,000万円どころの話ではありません。

駐車場などでポールを倒してしまったり、電柱などにぶつかって壊したりということだけが損害ではないのです。

何のために保険を掛けるのかを良く考えれば、対物賠償保険も対人賠償と同様「無制限」にしておくべきだと思います。

実は対物賠償を無制限から3千万円、あるいは1千万円に見直しすれば節約にならないものかと検討したことがありましたが、自動車保険料の各社の相場は大きくてもせいぜい年間で千円程度の違いにしかなりませんでした。

月々にすれば100円にも満たない保険料を惜しんだばかりにいざという時に窮地に陥ってしまっては元も子もないということで、それ以来対物賠償の限度額は対人賠償と同様無制限にするようにしています。

言い換えれば、対物賠償保険というのは年間1,000円程度の保険料で限度額を「1千万円」から「無制限」に上げることのできる、とてもコストパフォーマンスの高い保険だということになります。

このページの先頭へ