同乗の人の怪我などを補償する搭乗者障害保険

車を運転する方の中には、「よく、友達を連れて遠出をしている」という方もいれば、「家族乗せて、出かけている」という方も多いと思います。

お子さんがいる方の場合には、「子供の友達を乗せることがある」という方もいると思います。

人を乗せるというのは、やはり不安なものですよね。

では、そんな時に安心な保険、搭乗者障害保険についてご紹介ししてみましょう。

搭乗者障害保険は、名前の通り運転者以外の方に補償される保険です。

お友達を乗せている時に、事故などを起こしてしまった際には、この搭乗者障害保険によってお友達の怪我などを補償してくれることになります。

最近では、搭乗障害保険の代わりに、人身傷害補償保険に加入する方も増えてきており、より厚い補償を求める方が多くなっています。

「搭乗者傷害保険と人身傷害補償保険って、どう違うのだろう?」と思われる方も多いと思いますが、人身傷害補償保険の方が、補償内容が幅広くなっています。

例えば、搭乗者傷害保険の補償対象としては、契約している車に搭乗している方への補償が行われることになりますが、人身傷害補償保険の場合には、更に車外での交通事故などの場合にも補償が適用されることになります。

更に、搭乗者傷害保険は定額の給付ですが、人身傷害保険は実際の損害額が給付されるという違いもあります。

今は、こういった補償内容が幅広いものもありますから、どちらが良いのか検討しながら選んでいくのも良いでしょう。

このように、搭乗者障害保険、人身障害保険は車に搭乗している方を補償してくれる保険ですので、人を乗せることが多い方は忘れずに選んだ方がいいと思います。

搭乗者障害保険、人身障害保険のどちらがいいのかといわれれば、多少保険料が高くなりますがやはり補償の充実している人身障害の方が安心感が高くおススメだと思います。

このページの先頭へ