車両保険は車そのものの損害に対して適用される保険

自動車保険の見直しをしている方の中には、「これって、どのくらいの補償が必要なんだろう?」と迷っているか方もいると思います。

補償内容によって保険料も変わってきますから、予算内で収めるかたちで自動車保険の補償内容を組み立てたいと考えている方も多いでしょう。

では、予算に応じて対応することの出来る保険、車両保険についてご紹介してみましょう。

車両保険は、あくまでも車そのものに対して適用される保険です。

契約している車が、万が一事故に合ってしまったり、当て逃げなどに逢った場合、適用される保険となっており、この保険を使って車を修理することが可能となります。

しかし、車両保険はどんな事故で支払われるものではありません。

無免許で運転をして事故を起こした場合、お酒を飲んで運転をして事故を起こした場合などは、免責と言って保険会社の責任が免じられ、保険の適用とはなりません。

地震や戦争などにより損害が起きた場合にも適用とはなりません。

そして、車両保険は一般タイプとエコノミータイプがあり、所有している車の状況によって理想の保険が変わってきます。

一般タイプは、すべてのメニューが揃っているタイプで保険料も高くなりますが、エコノミータイプは一般タイプから単独事故や当て逃げ事故を除いた補償メニューとなっているもので、保険料は一般タイプより割安になります。

まだ、車を購入して間もない方の場合には、フルラインナップの一般車両保険に加入し、車にもしっかりと保険をかけておいた方が良いでしょう。

車が古い方の場合には、「修理が必要になったら、乗り換えよう」という方もいるでしょうから、車両保険を省略するかエコノミータイプの車両保険に加入しておけばいいと思います。

このように、車両保険の補償内容によっては、保険料をかなり抑えることも出来ますから、車の状況や修理の時の自己負担能力なども考えて選べばいいでしょう。

このページの先頭へ