自動車保険には様々なタイプがある

自動車保険の更新時期が迫っている方の中には、「今回は、じっくりと見直してみよう」と考えている方もいると思います。

保険を見直すことで、保険料などを抑えることも出来ますから、定期的な見直しは大切です。

このページでは、自動車保険の様々な種類についてご紹介しましょう。

自動車保険は、様々な損害保険会社により提供されている保険となりますが、補償内容は5つの種類があります。

種類によっては、補償内容なども変わってきますから、それぞれの内容を把握しておくことも大切ですよ。

車に関わる保険としては、自賠責保険、SAPと呼ばれている自家用自動車総合保険、PAPと呼ばれている自動車総合保険、BAPと呼ばれている一般自動車保険、ドライバー保険と呼ばれている自動車運転者損害賠償責任保険というものがあります。

自賠責保険は、みなさんもご存知のように対人賠償保険のみとなっています。

SAPは、その名のとおり幅広い補償内容となっており、対人、対物、搭乗者、自損事故、無保険車傷害、車両保険などの補償が総合的に含まれています。

いってみればオールラウンドなタイプで、それだけに保険料もそれなりのレベルになります。

PAPは、対人、対物、搭乗者、自損事故、無保険車傷害がセットとなったもので、車両保険は任意設定になるというタイプです。

BAPは、対人、対物、車両保険がセットとなっているタイプでシンプルな構成になっています。

ドライバー保険というのは、車を所有していない、いわゆるペーパードライバーの人のための保険であり、対人、対物がセットになっています。

このように、自動車保険と一言で言っても様々な種類がありますから、必要な補償内容なども考えて選んでいくことが必要となります。

このページの先頭へ