車の保険の基本は強制保険と任意保険により成り立っている

車を所有すると、必ず自動車保険のことを考えることが必要となってきます。

「予算がないから」と思っている方も、最低自賠責保険の加入は必要となりますから、嫌でも保険のことを考える必要があります。

では、そもそも自動車保険はどの様に作られているのか、その仕組みについて紹介してみましょう。

自動車保険に加入している方でも、「自動車保険の仕組みが、分からない」という方も多いと思います。

まず、自動車保険の基本としては、強制保険、任意保険により成り立っていることになります。

任意保険とはいっても、自分のため、被害者のためにしっかりと加入しておくことが基本です。

自賠責保険だけでカバー出来るだろうと思っている方もいると思いますが、事故で被害者を出してしまった場合には、自賠責保険でカバーできない例がたくさんあります。

任意とはいいますが、実質的にほとんどの人の場合必要となる保険であり、その加入は車を運転する人の社会的責任であるといってもいいでしょう。

また、任意保険となる自動車保険の場合には様々な種類があり、それぞれの車の状態や車の使用頻度、用途などによって理想的な保険が変わってきます。

それぞれ、予算などもあるでしょうから、その予算に合わせて保険を組み合わせることも出来ます。

自動車保険に加入していれば、万が一事故を起こしてしまった際の示談代行なども含まれていますから、自分で難しい交渉などを行うこともありませんから、安心です。

このように、自動車保険は強制保険と任意保険の二つの保険によって作られており、自動車保険をどういった補償内容にするかによって、保険料も変わってくれば、適用となる補償内容も変わってくることになります。

このページの先頭へ