限定割引は保険料節約の大きいポイント

自動車保険に加入する際には、「出来るだけ、保険料を安くしたいから、様々な限定割引を利用したい」と考えている方もいると思います。

しかし、限定割引というと「どこまでが補償範囲となるのだろう?」と思われる方もいるでしょう。

この限定割引の範囲について具体的に確認してみましょう。

自動車保険には、様々な割引サービスがあります。

既に、限定割引を利用し、保険料を抑えている方もいると思います。

しかし、範囲をしっかりと理解しておかなければ、保険料が支払われないこともありますので、注意が必要です。

運転者限定割引の家族の対象となるのは、記名被保険者、記名被保険者の配偶者、記名被保険者とその配偶者の同居の親族、記名被保険者の配偶者の別居で未婚の子供などです。

「親族って、どこまで含まれるのだろう?」と思われる方もいると思いますが、親族は6親等内のことを指します。

対人賠償の適用範囲も、運転者限定割引の対象と同様となっており、更に許諾被保険者、記名被保険者の使用人などが含まれます。

このように、限定割引を利用することで保険料を抑えることは出来ますが、実際に事故などを起こしてしまった際に適用となるためには、これらの範囲内であることが必要となります。

また結婚や転勤などで家族構成に変化があった場合にも、年齢制限がマッチしているかを再確認する必要があります。

間違った理解をしていると、保証適用外となることもありますから、しっかりと保証範囲も理解しておくことが必要となります。

このページの先頭へ