保険料への影響が大きい年齢条件

「念願の運転免許を取ったから、これから車を購入したい」と考えている方もいると思います。

免許を取ると、やはり自分の車が欲しくなるものです。

車があれば、いつでも出かけたい時に使用することが出来ますから、便利ですよね。

しかし、免許取得をした方の中には10代の方もいれば20代前半の方もいると思います。

「18歳の誕生日を迎えて、すぐに免許を取った」という方もいるでしょう。

こういった若い方が、新たに自動車保険に加入しようと思った時、「ずいぶん、保険料が高いんだなぁ」と感じる方も多いと思います。

パンフレットを見ていると、「どうして、若いとこんなに保険料が高いのだろう?」と感じる方も多いことでしょう。

自動車保険というのは、いざという時のために備えるものとなっており、多くの方の保険料を運営することで、保険会社は経営を行っていることになります。

当然、事故などが増えてしまえば、保険会社の負担が増えることになりますから、経営も難しくなるでしょう。

そのため、「事故率が、高い」と判断される方の場合には、保険料が高めの設定となっています。

事故を起こすと、等級が下がってしまうのも同じような理由からです。

若い方の場合には、運転技術も未熟ですし、経験も少ないですから、何年も運転してきた方と比べると、どうしても事故の可能性は大きくなってしまいます。

そのため、若い方の場合には、保険料が高めの設定となっているのです。

年齢を重ね、運転歴を増やしていけば、等級が上がって保険料は下がっていくことになります。

このページの先頭へ