対人賠償保険の限度額が低いと多額の損害額に対応できない

自動車保険に加入している方の中には、今まで一度も自動車保険を使ったことがないという、いわゆる優良ドライバーの方もいると思います。

一度でも、事故を経験した方であれば、事故を起こした際に、どういった費用がかかってくるのかご存知だと思いますが、事故の経験がない方にとっては、現実的な数字が見えない方もいるでしょう。

「自動車保険に加入していれば、保険で全てを賄えるだろう」と思っている方も多いと思いますが、対人賠償保険の限度額を低く設定している場合など、加入している保険では損害額を全額カバーしきれないこともあり得ます。

現実には、裁判によりかなり高額の損害賠償を求められるケースが増えています。

実例を挙げると、相手に後遺障害を残してしまった場合、3億8281万円といった損害賠償を求められたケースもありますし、死亡させてしまったことで、3億6750万円の損害賠償を求められたケースもあります。

当然、こんな大金を自己負担するというのは難しいですよね。

対人保険の場合には、5,000万円といった補償内容にしている方もいると思いますが、こういった億単位の賠償金が求められるというリスクもありますから、対人保険に関しては無制限にしておくことのが無難でしょう。

当然、事故を起こさないことが一番ではありますが、常にこういった実例を思い出しながら、慎重に運転していくことが大切となります。

このように、車で事故を起こしてしまった際には、億単位の賠償責任が求められることもありますので、最善の備えで安全運転を心がけましょう。

このページの先頭へ