等級が低くなりすぎると自動車保険に加入できなくなる

「自動車保険は、保険料さえ払えば、誰でも加入できるものだろう」と思っている方も多いと思います。

保険料さえ払えば、補償されると思っている方も多いでしょう。

しかし、場合によっては任意保険に加入出来ない方もいます。

では、どういった方が任意保険に加入することが出来ないのでしょうか。

まず、自動車保険には等級がありますが、何度も事故を起こし、何度も保険を利用して等級が最低の1等級となってしまっている方の場合には、任意保険に加入することは出来なくなってしまいます。

自動車保険に加入すると、通常は6等級からスタートすることになります。

しかし、事故を起こしてしまった場合には、事故内容によって1等級や3等級ダウンすることになります。

事故を起こさずに更新が来た場合には、7等級、8等級という様に、どんどんアップしていくことになります。

等級が上がるということは、それだけ事故を起こさずに運転をしているということになり、保険料の割引率が上がり保険料が安くなります。

それに比べ、1等級の方の場合には事故を何度も起こしていることになり、これから事故を起こす可能性が高い人と判断され、加入することは出来ないことになります。

「保険会社を変えれば良いだろう」と思っている方もいると思いますが、自動車保険は保険会社を変えても等級は引き継がれるものとなりますから、別の保険会社でも拒否されることになるでしょう。

また、フェラーリなどの高級車の場合には、保険会社によっては自動車保険に加入することが出来ないというケースもあります。

このページの先頭へ